りょくかじだい 緑夏時代

アクセスカウンタ

zoom RSS 脳死移植法

<<   作成日時 : 2005/05/26 08:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

脳死を一律に人の死と解釈して家族の同意で臓器提供ができるとする改正案が棄却されて、意思表示できる年齢を現行の15歳から12歳へ引き下げられることで妥協した。私見としては将来的には0歳でも臓器の提供が可能とすべきと考えるが、医療現場への不信感から実現の見通しは立たない。その理由は、怪我が完治して社会に参加できる可能性が1%も無い重症患者に対しても、家族は1日に数万円、1年で1000万円近くの入院費用を負担しなければならないが、臓器を提供してしまえばその日から支払う必要はなくなるからです。しかし回復の可能性がある場合でも最善の努力が尽くされずに死亡判定されてしまうのではないかとの不安が根強く法案の成立は困難だ。これを打開する次の手は、妊婦検診と正常分娩の保険適応が有力である。その理由

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
脳死移植法 りょくかじだい 緑夏時代/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる