りょくかじだい 緑夏時代

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛療(あいりょう)の幽霊(ゆうれい)1

<<   作成日時 : 2005/05/09 08:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

20年振りに少年時代を過ごした場所を訪問すると、このような施設が建設されていた。

戦中は帝国海軍の負傷兵を収容する愛知療養所の跡地で、当時は既に建物は取り壊されていたが門塀とバス停留所「北門」だけが佇んでいた。和井は隣接する国立中部病院の公舎で生活し、小学校に通うには毎日キタモンを通過しなければならなかった。朝は通学団が結成され太陽も応援してくれるので全然に問題は無かったが、夕暮れ時に一人で下校する際は肝試しが楽しめた。、、、続く、かな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
愛療(あいりょう)の幽霊(ゆうれい)1 りょくかじだい 緑夏時代/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる