りょくかじだい 緑夏時代

アクセスカウンタ

zoom RSS 杏林大学の不思議

<<   作成日時 : 2005/09/27 08:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

数年前に幼児が割り箸を咽頭に突き刺して杏林大学病院に救急搬送されたが、診療後に自宅で死亡し、当直医が業務上過失致死の容疑に問われたが、その後の進展は不明だ。この事件で問題があるのは、患者は当時3歳だったため、小児科にも診療義務があったはずなのに、全部の責任を耳鼻科医に押し付けてのうのうとしている点だ。このため問題が派生しそうな症例は他科に責任をなすりつける習慣が定着してしまい、同様の事件を再発させているらしい。
Thank you 4567Hit.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
救急医療
救命救急医療は研修医を受入れている救急指定病院が責任を負担するべきです。 ...続きを見る
随筆宮殿
2006/02/03 09:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
杏林大学の不思議 りょくかじだい 緑夏時代/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる