りょくかじだい 緑夏時代

アクセスカウンタ

zoom RSS 手芸部に所属

<<   作成日時 : 2009/04/06 16:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

次席は小学生の頃に部活でソフトボールを選択したが、予備で手芸部に所属した。その理由は

縫合の練習をしたかったからです。

これは筆者に物心が付いたばかりの幼児期、国立病院に勤務していた父親の解剖助手をやらされていた当時の逸話です。

同僚の外科医から「肉を切るだけなら料理人の方が上手い、医者は切除する以前にどう縫合して復元するかを考えておかなければならない」と忠告を受けました。そこで取り敢えず針と糸の使い方だけでも習得しようと第2選択で手芸部に入りました。しかし思惑は外れてペーパーフラワーばかり作らされていたのを記憶しています。なんで自分はこんなことをしているのだろうと自問自答を繰り返しながら、、、

過去にも同様の記事を投稿したかもしれないが、今回は「男性の手芸は変態か?」と苦悩している人にニューハーフにならなくても手芸は可能と助言した。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
手芸部に所属 りょくかじだい 緑夏時代/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる