りょくかじだい 緑夏時代

アクセスカウンタ

zoom RSS 古典的な童話

<<   作成日時 : 2009/07/18 14:33   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

基本的に人生とは猿からどれ程まで進化するかを競うゲームなのです。

山林を徘徊する猿が子供に本を読んであげることができますか?餓鬼を人間に成長させたいなら相当の努力をしなければなりません。但し義務感で、面倒臭そうになったりそれによって子供が不機嫌になるなら止めた方が無難でしょう。

また1Q84(村上春樹著、新潮社)などは児童には向かないでしょう。栄養価の高い料理でも、消化できない乳児にとっては毒になるように、文学的に評価の高い作品でも精神が発達していない若者には刺激が強すぎるかもしれません。

古典的な童話を推薦します。

以上今回は臨時に、質問「図書を子供に読み聞かせるのは良いことでしょうか」に回答しました。




ハイジ (福音館古典童話シリーズ (13))
福音館書店
J・シュピーリ

ユーザレビュー:
この絵がなんともたま ...
愛蔵版としておすすめ ...
やっぱりハイジ!「ハ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは
次席研究員
2009/08/10 14:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
古典的な童話 りょくかじだい 緑夏時代/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる