りょくかじだい 緑夏時代

アクセスカウンタ

zoom RSS ヘルペス日記

<<   作成日時 : 2008/05/05 15:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

変な夢に伴う金縛りを克服して起床すると左前額部に違和感を覚えた。痛いと言えば痛かったが、通常の出来事で気にするほどではなかった。数日後には湿疹が出現したが、吹き出物か虫刺されと思って片付けていた。
4月24木曜日は雨天だったが、左瞼がシカっとし、何でこんな日に花粉症が悪化するのか腑に落ちなかったが、放置した。
翌日は学会で国際フォーラムへ行き、何となく腫れてきたような気がしたが、相談できる相手も無く放置した。土曜日になってさらに悪化したので、不安になったので眼科へ行くと「モノモライ」と診断され経口セフゾンとタリビット点眼薬を処方された。前額部の湿疹も痛くなってきたので皮膚科も受診しようかと考えたが、医師、看護師、薬剤師から口をそろえて「いずれの疾患にせよこの処方で大丈夫」と言われた。夜になって痛みが更に悪化したので、都内に在住する友人に電話したところ、「話を聞いただけではヘルペスのような気がする」と言われ、それまで脳裏の片隅にしかなかった疾患が念頭に登場した。翌日曜日は救急で掛かるほどではないと判断し自宅で療養し、月曜日に最寄の診療所へ行くと、ヘルペスの疑いが濃厚といわれ、皮膚科で封入体を指摘されヘルペスが確定し、バルトレックス6錠を分3×4日、アラセナA軟膏などを処方された。
翌日は昭和の祝日であったが父親から角膜や脳炎に進展する危惧が高いと判断されゾビラックスIV×2×2Days,×1×2Daysにて改善されてきた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヘルペス日記 りょくかじだい 緑夏時代/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる