りょくかじだい 緑夏時代

アクセスカウンタ

zoom RSS 罰は与えない

<<   作成日時 : 2011/10/12 09:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

当方では原則的に罰は与えない方針です。

その理由は

「罰は神様が与えるもので人間が差し出がましいことをすべきではない」

と考えるからです。

何も悪いことをしてないのに予防と称して針を刺したり、治療のためメスで切除しなければならないことは日常です。

保護者はどんな褒美を用意できるかで評価されると思う。
相手が新生児ならオパイで十分だけど徒歩るようになてもミルクしか上げられなければネグレクトで刑を受けます。
罰を与えれるのは試験に合格した司法だけで、彼らには公正な判断を要求します。

以上今回は、罰について記述した。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
罰は与えない りょくかじだい 緑夏時代/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる